真空ドレン・配管ソリューション

真空式ドレンアップ排水システム

冷ケースのピット式ドレン排水の課題

 

  • ・床ピットを掘って配管を埋設していて手間がかかる
  • ・居抜き物件や建築条例で床下配管に制限がかかり、出展計画を変更せざる得ない場合もある
  • ・冷ケースのレイアウトに制限が生じる
  • ・工期中の売上減、改装費用がかさむため改築を決断しにくい
  • ・営業時間外工事に伴う騒音対策、周辺環境への対応も必要
  • ・定期点検・補修ではピットを開けることとなり非常に手間

 

など、多くの課題があると思います。
原田産業で取り扱う真空式ドレンアップでは、上記課題を解決し最適なソリューションをご提案させて頂きます。

真空式ドレンアップ特長
  • 居抜き店舗でも容易に排水配管が組める

     

    スピーディーな店舗展開に寄与。
    排水配管を気にすることなく店舗を賃貸可能。

  • 冷ケースの自由なレイアウト

     

    天井裏にドレン排出配管を設置するのでレイアウトは自由。

  • 改装の工期が短縮

     

    長期休店による機会損失の軽減。

  • 冷ケース以外のドレンも収集可能

     

    リーク蒸気・再フラッシュ蒸気80℃以上の高温ドレンも。

  • ピットレス化

     

    ハツリ作業が不要な為好機とコストを大幅に軽減。

  • ピット式に比べて保守が容易

     

    漏洩部位の確認・対処も容易。

真空式ドレンアップ設置イメージと仕組み

真空の力によって冷ケースのドレン排出配管を
天井裏に施工する画期的なシステムです。